2007年12月07日

「日本一の炭酸泉」宣言

    「ニホンイチの炭酸泉」12.7-japan-no.1.jpg
ボクの住んでいるステキな風景とステキな温泉のある町いい気分(温泉) 長湯温泉いい気分(温泉)
12.7-no.1-1.jpg

今日何度もテレビから
「長湯!日本一!ニホンイチ」という言葉が
飛び込んできた。



12.7-no.1-3.jpg

お昼 長湯温泉協会の人達が、
大分県庁記者クラブにて
重大発表をしたそうだ。



***********内容*****************************
 長湯温泉は人が入れる温度・温泉の出ている量など総合的にみて「日本一」であると宣言をします。
    ○遊離炭酸量  300〜1400(mg/kg)
    ○温 度 域         30 〜 51 (℃) ※源泉かけ流し
    ○総湧出量    4,479   (/分)
  
  1.私たち、適温で豊富な炭酸ガスを含んだ良質な温泉資源を守り活用します。
     ・世界的にも貴重な炭酸ガスを含んだ温泉の、ガス濃度・温度・湧出量の調査
      研究とその保全に努めます。
     ・温泉水が枯渇することのないよう、乱掘・不適切な揚湯行為を防止し、紅葉
      樹林などの植栽による地下水の保持に努めます。
     ・「源泉かけ流し」を基調とした誇りある温泉活用に努めます。

  2. 国際的な視野に立った温泉地療養を確立します。
     ・温泉療養の専門的ノウハウを開発し、臨床データの構築を図ります。
     ・プチ湯治を充実させる為,長期滞在施設の設備やシステムの構築を目指します。
     ・飲泉文化の普及に努めます。
     ・公衆浴場のマナーやおもてなしの充実を図ると共に、施設連携の強化に努め
       ます。
     ・海外との温泉文化交流を継続し、国際的視野に立った個性的な温泉地
       療養の確立に取り組みます。
         2007年12月7日 長湯温泉協会
          http://nagayu.fan-site.net/
******************************************

細かい内容は全くわからないけど、とても貴重な温泉であることは間違いないと犬のボクでも思うんだ。
胃が気持ち悪くなったら温泉を飲むとスッキリするし、腰が痛い時に温泉にじっと浸かっていると随分楽になるんだ。
残念ながら、ボクの犬的知識の中で「ニホンイチ」の意味があんまりよくわからないけど、色んな意味で長湯温泉が本当にニホンイチの「心も体も癒される温泉地」・「いつまでも絶えることない泉質の良い温泉地」になるといいね。ボクも出来る限り「長湯温泉」の役に立てるようになりたいと思います。


シロの通訳より
  2006年の夏以来、「日本一」の3文字について長湯温泉は大きく揺れ動きました。
  1988年(?)以来続いてきたキャチフレーズの「日本一の炭酸泉」。
  私が移り住んだ2000年には町中にその文字があふれていました。
  今回の事で長湯温泉の人達は、今まで以上に温泉について興味を持ち
  学ぶキッカケになったのではないかと個人的に思っています。
    
  「日本一の炭酸泉」宣言についてや、炭酸泉について詳しく知りたい方は
  下記の長湯温泉協会公式HPをご覧下さい。
  http://nagayu.fan-site.net  


posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☀| Comment(1) | 長湯温泉&周辺の温泉・温泉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直接関係ないかもしれませんが、リンクされているので。

http://www.nagayu-onsen.com/access/koukyo_jr.html
<アクセスマップ>
 北はどっち?
北半球の地図では一般的に北は上になっていると思うのですが。
(HP上に北が下になっている旨コメントはありますが。)


<JRアクセス>
インデックスと内容が一致していなようですが。

<長湯の疑問>
 何処にあるのかはアクセスマップに記載するのだと思いますが?
 まあ、そうゆうのりのHPとゆうことですか。
Posted by アクセス方法は at 2008年10月24日 14:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。