2006年07月21日

梅雨明けず ガニ湯 川に浮かぶ

雨が続きます。
日本の色んな場所で、災害が起こっています。
駅のない大分からのバスのない長湯温泉ですが、近くの駅豊後竹田(車で25分くらい)の駅を使う時は、電話で確かめた方がいいみたい。
日豊本線が一部で運転見合わせもあるみたい(21日22:00状況)
ミニ交通情報でした。
 
えっとそんな感じなんで、お散歩中に何か変わった事ないかなぁ〜ってキョロキョロしてたら、
kawanonaka.jpgあっ!ガニ湯が川の中に!

普段は橋の下で着替えて温泉へ
なのに、ガニ湯までの道がな〜い。
昨日は、カニの目の部分しか見えていなかったから
それでも少し水かさが減ったんだろうね。
しかし、これでは入れないか?
どうしても温泉入浴したければ、
 1. 泳いでガニ湯まで・・・・・・危険
 2. 船又はボートでガニ湯まで・・・・危険
                  3. ロープを渡してガニ湯まで・・・・・危険
どれも危ないので実際はやめてね。  僕たち犬なら泳いで渡りますけどね。
ぜひ危なくない晴れた日に入浴してください。水着可です。
時々裸の女の子が平気で入浴していて、無邪気にボクに手を振ってくれますが・・・
男って余りに無邪気なものには、弱いです。


posted by シロの通訳 at 22:31| 大分 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 長湯温泉&周辺の温泉・温泉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。