2009年07月31日

素敵な言葉や絵を描く人

今日のお泊りさんは、長崎からやってきた5人家族。
お父さんと息子さん二人が車椅子に乗ってやってきた。
車椅子のお客さんは沢山来るんだけど、二人車椅子っていうのは初めて。
二人は「脊髄小脳変性症」という病気になって。。


※この病気は、数年前「1リットルの涙(沢尻エリカさん主演)」という連続ドラマで話題になった難病。
 小脳や脳幹から脊髄にかけての神経細胞が徐々に破壊・消失していく病気。 

200907.31-nagasaki-ogawa-norimasa.jpg







息子さんの名前は、「ノリマサ」さん。
彼は17歳でこの病気が発病。

下の写真はね、
彼がペンを持てなくなって半年ぶりに描いた作品なんだよ。
水神之森の温泉に浸かったら急に「画欲がでてきたグッド(上向き矢印)って半年ぶりにペンを握って描き始めたんだ。
(発病して、心の中にある気持ちを絵や言葉にしてきて10年)
スゴイ事だよねぴかぴか(新しい)
不思議ぴかぴか(新しい)な事とか、奇跡的ぴかぴか(新しい)な事って心の持ち方で変わってくるのかもね。
犬のボクから見て、人間って本当に不思議な生き物だ

P1010492.JPG




「ここは」って水神之森のことだよね?!
「陽の龍脈」って??

ノリマサさんが描き始めた時ホールに一緒にいたご婦人。
3か月前に亡くなったご主人の事を思い出して気持ちが沈んでいたので旅に出た人。
・・・・・・・・・・・・・・30分後。
ノリマサさんは、そっとそのご婦人に一枚の紙を渡した。
その紙には
       「人と人との間に産まれる縁がある」と書いてあった。
ご婦人の目から涙が・・・たらーっ(汗)

後から聞いた話だけど、そのご婦人はノリマサさんの書いた言葉を見ながら
元気に暮らしているらしいって。ノリマサさんにお礼の手紙が来たんだって。

色んな人との出会いは、何か心が動かされるよね。何かが産まれるんだ。
泣いたりたらーっ(汗)笑ったりかわいい みんな 犬犬も人も生きているんだね。
(犬犬は、人間のように涙を流しませんが、心の中で泣くんだよ)



posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。