2008年05月26日

源泉かけ流しサミット 一日目

いい気分(温泉)第四回源泉かけ流しサミットin 野沢温泉いい気分(温泉)

 
 -----本日はシロに変わって、私シロの通訳がレポートいたします。−−−−

   5月26日 14:00〜14:20 開会式
        14:30〜15:20 各温泉地での活動紹介
        15:20〜17:30 松田教授基調講演
        18:00〜19:30 交流会
   5月27日  9:40〜12:00 研究発表テーマ「温泉のプリンシプルとは何か?」
             ・法政大学教授 大河内正一氏
             ・鞄本温泉総合研究所 森本卓也氏
           13:00〜15:30 パネルディスカッション テーマ「温泉と健康と環境と」
             ・コーディネーター 久保田美穂子氏
             ・パネラー  片桐仁氏
                    飯島裕一氏
                    山崎まゆみ氏
           15:30〜16:00 閉会式(次回開催地発表)

昨年長湯温泉で行なわれた「源泉かけ流しサミット」ですが、今年は長野県野沢温泉で行なわれ、組合長:丸長旅館さん 副組合長:友喜美荘さん 中村屋さん 私たち水神之森 合計5名で参加してまいりました。飛行機新幹線車(セダン)

野沢温泉に初めて訪れました。
温泉とスキーで有名な地。「ふるさと新しさが融合する温泉地」と書いてありましたが、まさしく言葉の通り文化のある素敵な温泉地でした。

1.hanbai.jpg早速  到着して会場にて長湯温泉紹介コーナー&販売コーナーを設置。
温泉糖・長湯温泉限定*温泉の素・ゆぅ美人・温泉水マグナ1800を販売。
昨年開催地だったこともあって、皆さん興味をもって訪れてくれました。

そして会場に入ると、私たちを出迎えてくれたのはとてもキレイな菜の花かわいい
野沢温泉の方々がこの日にあわせて丹精こめた菜の花かわいいだったのです。

1.itoukumiaichou.jpg
開会式後、5箇所の温泉地が活動報告。
 <抜粋>
  1. プチ湯治を始めた。夕食を1泊目宿・2泊目を外の居酒屋などのスタイルに。
  2. 平成10年より観光客現象。かけ流しサミットをおこなって活性化したい。
  3. 十津川温泉ではプチ湯治プランを始めた。薬膳。出張足湯は好評を得ている。
     サミット記念2週間外湯無料開放。 など・・・
     長湯温泉も伊東組合長が報告をしました。

1.matuda.jpg
15:20 松田教授の基調講演
 <抜粋>かなりの抜粋で失礼します。
  ・安心 安全な温泉地が求められる。地方が負けない為には、本物と向き合う心を持つ事。
   かけ流しの本物の無垢な温泉。安全な鮮度の高い食材を扱った食事。
   それは、都会でなく田舎にこそできること。
  ・外国人アジア人は日本旅行ブームである。
   大切なこと。
     「本物の食」 「本物の温泉」 「本物のおもてなし」


18:00 交流会
   とても暖かい野沢温泉の皆さんのお料理・歌などのおもてなし。
   遅くなりましたが、ありがとうございました。
   そして沢山の方々との交流をもつことができ、とても有意義な一時でした。
   野沢温泉はこの日を記念日協会に登録。
   ぜひぜひ長湯温泉も記念日を設けたいと、只今旅館組合で話し合い中です。
   長湯温泉のファンの皆さん!どうぞお楽しみに。


20:00 ちょっと時間がおして解散!
   やっと私たちは今日の宿泊先「旅館さかや」さんに到着!
   実は個人的には、野沢温泉での思い出の1番はココの女将さんとの出会いでした。
      とてもすてきな優しい女性でした。
   思わずお宿経験の未熟な私は、女将さんに色んな事を尋ね、それに優しくお答えして頂き         元気も勇気も沢山いただきました。
      あの暖かい笑顔は色んな事を乗り越えてきた笑顔なのだと後から知りました。
   遅くなりましたが、どうもありがとうございました。
   
     それから・・・・・
   せっかく野沢温泉に来たのに時間がない!あわてて浴衣に着替えバタバタと温泉巡りへ。
5.26-nozawa kumanotearai.jpg   
   まず野沢温泉でもお肌によさそうな「熊の手洗い湯いい気分(温泉)
   熱〜い!聞いていましたがあつい!
   別府温泉で産湯をつかった私が、ぬるい方の温泉にもジワじわっとしか浸かれない。
   地元の方の優しいアドバイスでなんとか入浴。
   熊が傷を癒したという伝説があるくらい「あつ湯のお肌しっとり系の温泉」でした。
   温泉に感謝

   そしていつも長湯する私がバタバタと向かった先は「真湯いい気分(温泉)
   これまた熱い!
   が!はじめての不思議な温泉の色。
   透明なエメラルドグリーン。ゆの花は黒い!
   地元の方が言うには、時間帯によっても色が違うそうで・・温泉ってスゴイです。
   これまた温泉に感謝

   そして宿泊先の「さかや」さんの大浴場「月の湯いい気分(温泉)へ。
   素晴らしい宮大工さんのお仕事。木で作られた建物&湯船はとてもホッと癒されました。
   温泉も工夫され、それぞれ温度差がある湯船。
   美肌の湯といわれる温泉でしっとりリラックスさせていただきました。

   あわただしく  1日目はこうして無事に終了。
   おやすみなさい眠い(睡眠)

 
余談ですが・・・・・5.26 nozawa-nyuyokugi.jpg温泉地で初めて見かけた看板です。
この看板で、手術した方が傷を気にすることなく入浴できる入浴着が長野県ではある事を知りました。どんな経緯で作られ反響はどうなのかが知りたくなりました。
このブログをごらんになった方でご存知の方は教えて下さいね。
よろしくお願いします。



posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☀| Comment(0) | 長湯温泉&周辺の温泉・温泉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。