2009年12月27日

バタバタと

水神之森はコツコツと山を切り開いて、またコツコツと建物を作って
またコツコツ畑を耕して・・・とコツコツと手作り中です。
だからまるで「鉄腕ダッシュ」の「ダッシュ村」のようだと言われています。
ボクはヤギハシですか??

年末に急に改装することになりました。
急なので、出来ることは自分たちで!後はプロの大工さんに頼むことにしました。
2009.12.27.hinokiharikae.jpg大浴場のヒノキもきれいに交換です。
(湯の花が凄いので、本当にメンテナンスが大変!!ボクの通訳さんが、トンカチとノミで湯の花をよく削っているのを見かけます。)

こっちでは、パパさんとタカおじさんが「くじゅう連山一望できるデッキ」の板の張り替えの為、古い板をはがしています。
2009.12.27 terasu-harikae.jpg

水神之森は自分たちでできる事は全てするので、
いつもどこかが工事中で、常に変化し続けるお宿なのです。
posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

やっぱりキリンだね♪

ごぶさたです。
またまた少しずつ、ボクの通訳さんが日記を書くキモチになったようで・・・。

セーノ12月号見ました?
セーノは大分の大人も楽しめる情報誌です。
ボクの通訳のyOuさんが出てたの気付いた人いますか??
見たい人は、「おおいたインフォメーションハウスさん」までご注文を!
TEL097-532-2287

今日はその時の別バージョン・ボクシロちゃんVer.をお送りしま〜す♪
CMモデル出演依頼お待ちしていま〜す。 なんてね
2009.10-kirin.1.jpg


 yOu「ビールはキリンよね〜」 

 シロ「ペロッ」



2009.10-kirin.13.jpg シロ「うまい!」

2009.10-kirin.siro.jpg  どうですか?イチローさん
posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☔| Comment(0) | ボクの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

万葉のこころ だワン

今から1000年以上前に、色んな身分の人間達が詠んだ歌4500首以上集めて本本を作った。
これがボクのいる日本という国に存在する一番古い歌の本本「万葉集」。
2009.12.23sakaki.jpgアトム犬をなでている白いおヒゲの紳士は、
         水神之森の常連さんの「榊さん。」
榊さんは、万葉集本で詠われた情景を写真に撮りたいカメラと色んな場所へと足を運んで、そんな撮影の旅で出会ったのが、水神之森だったんだ。

 朽網山夕居る雲の薄れ去なば
 われは恋ひむな君が目を欲り  作者不詳 第十一・二六七四

この歌は、夕方久住山にかかっていた雲が薄れていくのをみながら離れた恋人のことを思う歌。
言葉を表現できる人間って素晴らしい揺れるハートワン犬
この歌の写真カメラを撮るために、お友達の勧めで長湯一の景色を眺める事ができる水神之森にやってきたんだって。

あれから無事に61枚の撮影した写真カメラ「万葉のこころ」という本本になって出版。
水神之森にも置いてあるのでごらんくださ〜い
九州国立博物館でも写真展があったんだよ。

暖炉の前で次回撮りたいカメラものについてボクの通訳さんに語る榊さん。
なんと今度は中国にある沢山の石橋が撮りたいそうなんだ。
それも石橋は、観光客が絶対行かない山の中にある。場所もわからず探しあてる旅。
2月に一人で出発するって言ってたけど、大丈夫かなぁ〜。
無事に帰ってきて沢山のお土産話を待ってま〜す。 ボクにはお土産もね黒ハート

posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。