2008年12月31日

畑に興味がある3歳?・5歳?

年末年始と常連さん達でにぎわう水神之森。
「牛乳を1っぴきくださいグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)でおなじみの??なつきちゃんは今年も元気にやってきた。
  詳しくはこちら  http://suijin-siro.seesaa.net/article/88609003.html

妹のハルちゃんも立派に?お話をしたりできるように少しずつ人間になっていた。
なつきちゃんに「水神之森での今回したいことは?」と聞くと

 1. 除夜の鐘をつくこと(2007年末は、眠ってしまったんだよね眠い(睡眠)
 2. 大根を畑で抜くこと(・・・・・・・・・exclamation&question
「畑で大根・・・・?」 どうも土をさわったり、自然が大好きな女の子になってきたみたいだねかわいい

夜21時・・・・22時・・・・寝る様子はみじんもなく、
紅白歌合戦の大トリ「氷川きよしさん」に夢中揺れるハート  
二人はズンドコ節をテレビの前で ダンシングるんるん
(NHKの「きよしとこの夜」という番組を見て以来、氷川きよしさんは二人の王子さまなんだそうだ)
23時半  年越しそばを食べる
24時   お客さんと一緒にカウントダウン(当然二人は年が変わるという意味わからず)
24時過ぎ いよいよ待ちに待った 除夜の鐘つきわーい(嬉しい顔)
       なんども 鐘つきのシュミレーション 「1・2・3〜んグッド(上向き矢印)
いざ本番 
水神之森の近くの常證寺さんに向かった。
なんと1回目は、お父さんとついたのに、2回目は、なつきちゃん一人でチャレンジ
           01.01-otera-de.jpg
見てこの満足そうな顔 鐘つきを終えて本堂でお菓子をほおばる二人。
    がなつきちゃん 右がハルちゃん
よかったね。なつきちゃん揺れるハート
ひとつ夢がかなったね。
      そう言えば ボク犬の夢ってなんだろう??



posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

絶対また会おうね♪

ボク犬は日本って場所の大きさが全く把握できないけど、昨日もちょっと遠い飛行機沖縄って場所から家族がお泊りにやってきたんだ。
「沖縄」のイメージって、青い海リゾート・青い空晴れ・やさしいおばぁわーい(嬉しい顔)・のんびり そんな感じらしい。
12.30-nozomi-okinawa.jpg




のぞみちゃん家族は、
まさしくのんびり ほのぼの家族かわいい
温泉いい気分(温泉)に入って、お散歩して 
アトム犬と遊んで、暖炉の前でまったり。

時間がゆっくりと流れている。
きっと沖縄ってボク犬にもぴったりの場所なんだろうなぁ〜。

しかし以外にも
沖縄は、失業者が多く 
「いのちの電話」という場所にHELP ME!とお電話する回数も日本で一番らしいのだ。
きっと環境も大切だけど、自分の気持ちが一番大切なんだよね。

話がそれちゃったけど、のぞみちゃん家族は今日は「BBC長湯」にお泊り。
素泊まりだったようで、「今日も夕食レストランと温泉いい気分(温泉)は水神之森が良い!」とココまでお散歩。
のぞみちゃんは、とってもアトム犬が気に入ったようで
まるで兄弟のようにずーっと一緒にいたね。
帰りにボクとアトムと通訳さんにお手紙をくれた。
            12.30-nozomi-letter.jpg
「またね!」というボクの通訳さんに
のぞみちゃんは、「また会おうね。絶対にだよ。絶対また会おうねるんるん。」と小指を出した。
ハッとした通訳さんは慌てて指切りをした。
「本当にかならず、いつかまた会おうね。・・・・・約束るんるん

posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(1) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

お米を作る人@ 食べる人@

水神之森のお米は、ニッコリ笑顔の「ハタさん」が作ったお米なんだよ。
とても美味しいと、遠くは鎌倉や広島のお客さん達にも配達?しているお米なんだ。

今年は人間の世界で 食べられないお米を売ったりした「お米の事件」が起きたらしいけど、
ボクの食べるお米は、ちゃんと作る人の顔が見えるお米。
安心でしょう手(チョキ)
それに、お米を研いだり入れるお水は、敷地内の地下150mのお水。
だからとても
 安全で安心で美味しいごはん な訳です

今日は偶然に、
広島でハタさんのお米を食べている一家が宿泊をしていて、ハタさんとバッタリ初対面
お米を作った人 と それを食べる人 それでは記念にカメラ
12.29 hata-&-sora.jpg
食べる人は、これから美味しいお米を食べてスクスク成長するソラ君が代表で。

う〜ん 安全な食べ物で笑顔だね。

posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☔| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

おもち♪作りの日

色んなものを作る水神之森ですが、
今年は常連さんと一緒におもちを作ることになりました。
おもちは、もち米というお米をふかして、つぶして12.28-moti.jpg
→丸めて12.28moti-marumeru.jpgできあがり。
もちろんもち米も お客さんが一生懸命作ったものなんだよ。
その流れをはじめてボクは見ながら、ワクワクるんるんしながら・・・・・ もちろん食べたんだワン犬るんるん
出来たての食べ物はどれもメッチャおいしいよねるんるん
そうそう!おもちって結構カロリーがあるから、メタボなボク達には危険な食べ物。
うん?
シロ君お手伝いしなかったの?って
だから・・・食べるお手伝いをねしたんだ ワン犬
posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☔| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

長湯の子供達とクリスマス

毎年 きのこドームで行なわれる長湯(栃原地区)の子供達のクリスマス会クリスマス
日本で子供達が減っているらしいけど、クリスマス会も年々人数が少なくなってる。
このクリスマス会クリスマスは、子供達の希望で「きのこドーム」で行なわれているんだ。
気に入ってくれてどうもありがとう犬
ボク達犬犬もこの日を楽しみにしているんだ  
だって美味しいものがもらえるかもしれないでしょ。
おっ!美味しそうなケーキ黒ハート12.25-christmasu-kai-cake.jpg

12.25-christmasu-kai-back.jpgそれでは参加してみよう!ぴかぴか(新しい)

3時間ほど お昼ご飯を食べて、ケーキを食べて ゲームをしておひらき
それでは恒例の記念撮影 カメラパチリ12.25-christmasu-kai.jpg

来年はもっと人数が少なくなるからクリスマス会があるかわからないらしいけど、
いつでもボク達犬犬を見かけたら「シロ〜アトム〜」って声をかけてね。


6月から11月の日記は追々掲載していくので、時々は前も覗いてね。 
               シロの通訳 yOu
                      
posted by シロの通訳 at 16:03| 大分 ☀| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

大分「月刊セーノ!」の取材だ”

「月刊セーノ!」って雑誌本知ってますか?
「大分の大人の情報源」ってサブタイトル通り、大分の大人達の愛読書本?に
なってる月刊誌なのだワン犬
食・読み物・人・グラビア・暮らしと健康など大人キスマークにはピッタリの内容で人気かわいい
今回水神之森(すいじんのもり)が、取材を受けるのは
    〜湯舟の目線から〜というコーナー

お昼にライターの野田さんと、カメラマンの宮地さん到着!
ちょうど温泉いい気分(温泉)に来ていたお客さんにインタビュー。
ほらボク犬は最近テレビTVとかの取材は受けないようにしていたから、
ちょっと今日はやる気モードグッド(上向き矢印)
きっと出来上がりの写真を見たら、面白いくらいにボク犬が必ず写っているかもね。
問題です!さてボク犬は何枚写っているでしょう。なんてねるんるん
(後ろ姿だったり、シッポだけだったり遠くで写っていたり・・・
 ひと昔のウォーリーみたいだって通訳さんが言ってるよ。)
12.22-osen-cameramansan.jpg


温泉の写真・・・
 湯口シュワシュワを撮影するカメラマンさん



12.22-riter-atomu-non.jpg


ライターさんとお料理の説明をするNONちゃんの会話に
 ジッと耳をすます見習い犬アトム。
  アトムは仕事してるつもり??




水神之森の名前の由来である「水神さま」12.22-suijin-sama.jpg
江戸時代っていう遠い昔からココにいらっしゃるんだって。
実は斜め前の山から、水神之森を向いてニッコリ微笑んでいるんだ。
水神さまにまで、きちんとご挨拶してくださったライターさんとカメラマンさん。
「水神様や神様を撮影する時は、真正面はダメだよ。斜めからね。」と優しくアドバイス
してくれたカメラマンさん。実はおうちがお寺さんなんだって。
どうりで詳しいはずだ。色々教えてくれてありがとうございました。

12.22-pan&siro-satuei.jpg


パンの撮影をするカメラマンさん。
もちろん やる気モードグッド(上向き矢印)のボク犬
さりげなく横にスタンバイ





12.22 seno-I-&-cameraman.jpg
    ボクの通訳 yOu-chanとカメラマンさんの記念撮影
    (二人のバックのくじゅう連山も今日もキレイだ。)





12.22-siro-atomu-riter-came.jpg

最後にボク&アトムと
 カメラマンさんとライターさんの4ショット。




ライターさんは「水神之森には沢山の物語がある。全てを書く事は
 無理だから、今回は私の目線で書かせてもらうわね。」
と言った。
そう!温泉の事・開墾の事・お客さんの事・食材の事・将来の夢・・・・
数え切れないほど、この10年で物語が増えていく。
セーノではどんな水神之森の物語が書かれるのか、ちょっと楽しみるんるん

取材のお二人も、とってもココを気に入ってくれたみたい。
どうぞまた個人的にのんびりリフレッシュしに来て下さいね。

2009年2月1日発売2月号「月刊セーノ」見てね。
詳しい内容は、また発売されたらブログでお知らせするワン犬
大分以外に住んでる方で読みたい方は、下記まで問い合わせてね。

<問い合わせ先>
 おおいたインフォメーションハウス
 tel 097-532-2287 fax 097-532-2121
 e-mail     seeno@cjo.ne.jp

posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森がわかる色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ステキな夕食時

水神之森からの眺めはね とっても素敵なんだよ。
最近ちょっとしたブームは、夕方日が暮れそうな時間からホールのテラス側でのお食事。
もちろん暖かくなったら、テラスでのお食事も最高なんだけどね。
           12.21-dinner.jpg
ほら揺れるハート 
ステキなご夫婦揺れるハートでしょう。
こんな時間を持てる人間ってうらやましいよ〜犬ぴかぴか(新しい)
posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森がわかる色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

地域で考える6次産業活性化事業

長湯温泉を含めて竹田市で色んな取り組みをはじめているそうだ。
ボクは犬なのであんまり難しい話はわからないけど、
食べ物を作る人・使う人 みんな上手く回りだすといいよね。
ボクだって安全なものが食べたいしね。
今日は、ボクの通訳さんが「6次元産業活性化事業」の会議に出席をしたんだ。
その模様は、続いて通訳さん〜報告して下さい。


 12.15-6jigen-shoukoukai.jpg                    通訳yOuの日記
今日は 農・商・工・観光業の人達が集まり、これから連携して色んな事に取り組んでいこうという会議に初参加してきました。
テーブルには地元食材を使った食べ物。
まさしく安心安全な食材。生産者・加工者の人を顔を見ながらのお食事なんて、ある意味とても贅沢な事。
 ●むかごご飯(山芋の途中のつるに沢山できている7mmくらいの小さなイモ)
 ●もやし (久住のキレイな池で知られる納池公園で栽培された)
 ●もろみ (長湯の人達に伝わる小麦+大豆+麹で作る)
 ●つけもの(たくわんなど)
12.15-6jigen-shoukoukai.moy.jpgもやしは15℃くらいの水温で2週間かけて作られる。
しかし、気をつけないと、豆はネズミが!カニはもやしを切ってしまうという。
東京からココに移ってから、野菜を作ったりして初めてわかったことが沢山ある。
自然と闘うこと、農作物を育てることは、そう容易いことではない。
本当に感謝して食べなくてはという気持ちになった。
これは作ってみないとわからないだろうなぁ〜。

竹田市では色んなものを作っていることも知った。
サフラン・姫だるま・しいたけが有名だけど、赤米・黒米など健康に良いとされる食材も作られている。
(余談だけど、赤米などの生産率があがらないのは、機械で稲刈りをする場合に白米の中に少しでも赤米が混ざっては商品にならないので、混ざらない工夫に手間がかかってしまうからなんだそうだ。)
竹や木を利用した容器。(急須や湯のみ・お茶碗など)
12.15-6jigen-shoukoukai.kyu.jpg まさに神業。すごいexclamation
木で作った湯のみは、お茶が冷めにくいという利点があるそうだ。

みんなが力を合わせて生産から流通まで、そして残ったもののルートまで考え出せれば素晴らしいなぁ〜。
まだまだ始まったばかり、安心・安全・無駄のない豊かな世の中を目指して一歩踏み出した竹田市なのです。

posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 長湯温泉のイベント企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

アトムとシロはボクの友達

2008年6月7日の日記にも登場の「リョウタ君」。
また家族でお泊りに来てくれた晴れ
水神之森の事をいつも話しているのか興味を持ったボクは ボクの通訳さんを通して、リョウタパパさんに尋ねてもらった。

りょうた君は幼稚園の先生によくココの事を話しているらしい。
先日は幼稚園の先生が「先生もシロとアトムにあってみたいなぁ。そこに泊まりにいきたいなぁ。」というと、

リョウタ君は「先生!そこは予約しないと泊まれないんだよ」と答えたという。
ワン犬!いやウン!それは正しい。
そしてリョウタパパが「どこかに遊びに行こうか?」とリョウタ君に聞くと
「シロとアトムのところ」と答えるらしい。
そしていつもの・・・
「ボク・・・シロとアトムに会いたい・・・だってボクの友達なんだ。」
ウルウルたらーっ(汗)しだすと言う。(決して演技じゃなく心からそう思うらしいんだ。)

今回はほとんどアトムと一緒にいたね。
            
12.14ryouta-atomu.jpg
なんだか最近子供達の間では、ボクじゃなくてアトム人気のようだ。
12.13ryouta-&-atomu.jpgリョウタ君とアトムの会話
               (何をしゃべってるんだろう??)
       12.14 ryouta-siro-atomu.jpg帰りのスリーショット
帰りはいつも寂しそうだったけど、最近はいつでも会えるって事がわかったのか
「またね揺れるハート また来るよ揺れるハートアトム・シロかわいい」元気に帰っていくリョウタ君。
そのまま 純粋なまま 優しいまま 大人になってね。


 ※これより前の日記は追々さかのぼって書いていきますので、たまにのぞいてね。
  よろしくお願いします。・・・・・シロへ 通訳をサボってるわけじゃないのよ。
                  シロの通訳 yOu より
posted by シロの通訳 at 00:00| 大分 ☁| Comment(0) | 水神之森日記(出会いや出来事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。